2次手術は適正な時期にすべし

一般的に、インプラント植立後下顎では2か月上顎では4か月の治癒期間を経過してから、再度粘膜を剥離しインプラントのカバースクリューを外して仮の連結体を入れます。これが2次手術です。最近のインプラントの植立方法は、骨縁下より深く入れる方法が主流です。よって適正な時期に2次手術を行わないと、インプラント体の上に骨が形成され、インプラントが見えなくなってしまうケースがあります。写真は植立手術から約1年経過したため、新生骨により完全骨被覆、カバー上部の骨を1ミリ削合してやっと見えてきた状態です。こうなると大変ですから、主治医の指示も守って2次手術を受けてください。