近代インプラントの歴史

1952年、スウェーデンのブローネマルク博士は、ある条件下にてチタンと骨が結合すること(オステオインテグレーション)を発見しました。この発見を基に、スウェーデンのイエテボリ大学にブローネンマルクチームが作られ、1965年初めてのインプラント手術が行われました。これが、近代インプラント治療の始まりです。これ以前にも、骨膜下インプラントやサファイヤインプラントがありましたが、医学的な根拠にもとずいたインプラント治療はこれが最初です。写真は、左がブローネマルク先生、中央が初のインプラント治療を受けた患者さん、そして右が初代のブローネマルクインプラントです。昔のインプラントは表面が滑沢だったのですが、現在は粗造面が一般的です。 

まだインプラントの歴史は半世紀しかないのです。