安全なインプラント手術のために必要なもの(サージカルガイド)

安全にインプラント手術を行うためには、いかに術前に診断を行うかです。そのために作られるのが、サージカルガイドもしくはサージカルステントです。

術前にCT撮影を行い、インプラントを入れる部位の骨量、方向、骨質などを診断します。そして、その部位に合ったインプラントの種類と大きさを決めます。あとは、正しい位置に正しい方向でインプラントを埋入するだけですが、人間の感覚は不確実です。そこで、それをサポートするために作るのがサージカルステント(ガイド)です。一般的には、このサージカルガイドはインプラントメーカーや専門の技工所に発注して作るのですが、ちょっとしたことで誤差が出るのが難点です。そこで私の場合は、自分でサージカルガイドを作るようにしてます。時間はかかりますが、失敗できないですからね