銀歯(パラジウム合金)の欠点(2)

一見なんともない銀歯を外してみると、合着されたセメントは完全に溶解し、内面にむし歯が広がっていました。むし歯が進行していたにも関わらず、患者さん本人は全く自覚症状がありません。実は、むし歯がもっと進行しないと自覚症状は出ないのですが、気が付いた時にはもう手遅れで神経を取るなどのケースなるのが事実です。こうなる原因はいくつも考えられますが、一番大きなファクターは金属と歯は接着できないということです。接着できるのはレジン修復もしくはレジンを介したセラミック修復です。インプラントはむし歯にはなりませんが、衛生面を考えると上部構造にはセラミック修復が推奨されます。