インプラント費用の内訳と対策方法情報

インプラントの費用目安!価格は妥当なものなの?

インプラントは歯を失ってしまった場所に純度の高いチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯をはめ込む治療法です。インプラントは自費診療のため、医院によって使用する材料や技術料も違い、料金設定が異なります。費用の相場は1本当たり30万円~40万円が多いですが、都市部ではプラス5万円程度見ておくと安心です。インプラントが導入されたころ、両隣の歯を土台とするブリッジにする場合、歯の3本分の治療費が1本10万円として約30万円かかると計算されていました。そのため、ブリッジと同等以上の機能であるインプラントの治療費は30万円からという価格設定がされたようです。ブリッジの治療費が基本となっていたとは驚きですね。30万円からというのは確かに高額ではありますが、ブリッジにした場合健康な両隣の歯まで削ってしまうことになります。残った歯にかかる負担も大きくなり歯を失うリスクも高くなることから、高機能なインプラントがこの価格というのは妥当な金額だと言えるのではないでしょうか。

インプラント治療の費用!内訳はこうなっている!

インプラント治療は同じ医院で受けた場合でも人工の歯の材料費などで大きく異なります。このため、あらかじめどんな費用が必要になるのかをしっかりと考慮した上で判断することが大切です。インプラント治療1本あたりにかかる費用の内訳は以下のようになります。

・精密検査費・診断料:1万5,000円~5万円程度
・上にかぶせる人工の歯の費用:10万円~15万円程度
・手術料:10万円~38万円程度
・治療後のメンテナンス費用:5,000円~1万円程度

治療を受ける際は医師とよく相談し、トータルで必要な費用を計算したうえで無理のないプランで受けるように心掛けましょう。

保険適用はされないわけじゃない!条件次第では適用可能

ほとんどの人が自費治療になるインプラント治療ですが、なかには例外的に保険適用になる場合もあります。特に2012年からは事故や病気により顎の骨を失った人に対し保険適用が可能になりました。詳しい条件は以下の通りです。

・顎の骨の形成不全がある
・病気や事故の外傷によって顎の骨を失った、もしくはコツ移植により顎の骨が再建された状態である
・先天性疾患と診断されており、顎の骨の3分の1以上が連続して欠損している

このような状態でインプラントを考えている人は、保険適用になるかどうか医師に相談してみましょう。

医療費控除対象にはなる?インプラントの場合

自由診療の場合医療費控除の対象にはならないのではと思う方も多いですが、実はインプラントは基本的に医療費控除の対象になります。医療費控除とは1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、一定の金額を所得金額から控除できる制度で、控除金額の上限は10万円以上200万円までとなっています。医療費控除の金額は、支払った医療費の額に対して保険金などで充填された額から10万円を引いたものか、合計所得金額の5%のどちらか低い金額になっています。ただし、確定申告が必要になるので必ずすべての領収書をとっておき、期日までに忘れずに確定申告するようにしましょう。

クリニック選びの注意点!値段だけで判断しないこと

インプラントは高額なため少しでも安く済ませたいと思う人も多いですが、値段の安さのみを売りにしている医院ではメンテナンスや技術に不安の残る場合も多々あります。治療してから数年後にインプラントが脱落したり欠損したりするトラブルも多いため、医院選びは慎重に行うことが大切です。インプラント治療は手術をしたら終わりではなく、その後のメンテナンスも非常に重要になってきます。そのため、継続してしっかりメンテナンスを行ってくれる信頼できる医院を選ぶことが大切です。インプラント治療を行う際は、過去の施術例や施術人数、施術を受けた人の評判などをしっかり吟味したうえで技術力の高い医院を選ぶようにしましょう。また、いざというときにすぐに対処できるように通いやすい医院を選ぶことも大切です。

価格に見合った価値がある!満足のいくインプラントを!

インプラントは通常30万円かかる自費治療であり、決して安いものではありません。しかし、歯を失った後も自分の歯と同じように噛めることができ、ほかの歯にも影響を与えない治療法です。今後の食生活、またライフクオリティを考えた場合、決して高くない選択ではないでしょうか。