チタンアバットメント

インプラントとの連結体であるアバットメントには、いくつか種類があります。大まかにいうと、チタンもしくは金合金のメタルで作る方法と、最も硬いセラミックであるジルコニアで作る方法があります。インプラント自体はチタンで出来ているので、アバットメントもチタンで作るのが一般的ですし、理にかなっています。しかしながら、既成のアバットメントは形態、長さが決まっていますので、歯肉の形態に合致しないことが多く、特に前歯では審美的問題があります。そこで開発されたのが、カスタム型のアバットメント。個々の歯肉形態に合ったアバットをワックスで作り、キャストして作ります。写真はチタンのカスタムアバットメントです。チタンは鋳造が難しく、今までは金合金が主でした。しかし金合金は歯肉の炎症を惹起する可能性があり、チタンアバットが安心です。