• HOME
  •  > 
  • 他の治療との比較

インプラントと他の補綴治療との比較

歯を失ったときの治療として、インプラント・ブリッジ・入れ歯が挙げられます。それぞれの治療法の特徴についてよく知ることで、ご自身にとって最適な補綴治療を見つけていきましょう。

インプラント

メリット

  • 本物の歯のように顎の骨に固定されるため、違和感なくしっかり噛める
  • 噛む力を本物の歯の約8割程度回復でき、硬いものでもおいしく食べられる
  • 周りの歯にダメージを与える必要がない
  • 本物の歯のように美しく、ナチュラル
  • よく噛めるようになるため、全身的な健康にもよい影響が期待できる
注意すべき点
  • インプラント体を顎の骨に埋め込むための手術が必要となる
  • 糖尿病や甲状腺機能障害等の全身疾患がある場合、治療を受けられないケースがある
  • インプラントを維持するためには、口腔衛生をきちんと管理し定期検診を受ける必要がある
  • 診療に保険が適用されない
  • 顎骨の骨量が少ない場合、また骨質が不良の場合はインプラントの手術が不可となる

ブリッジ

メリット

  • 固定式なので、装着しても違和感がない
  • 人工歯の素材によっては、本物の歯と同じように美しく修復できる
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
注意すべき点
  • ブリッジを固定するために、健康であっても両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯には今までよりも大きな力がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合がある

入れ歯

メリット

  • 使用する素材によっては、保険が適用される
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 大きな欠損にも有効
注意すべき点
  • バネ(留め金)を使った入れ歯の場合、隣の歯への負担が大きくなる
  • 本物の歯と比較して3~4割程度までしか噛む力を回復できない(お魚は食べられるが、お肉は良く咬めない)
  • 取り外して手入れをする必要がある
  • 使っているうちにガタつきやすくなる
  • ページの先頭へ戻る

こんなときはインプラント治療を

もし、現時点で次のようなお悩みを抱えていらっしゃる場合には、インプラント治療がおすすめです。

入れ歯が合わず、硬いものが噛めない!

口腔内の粘膜は薄く粘膜の痛点(痛みを感じる神経細胞)が多いため、どんなにフィット性の高い入れ歯を作っても痛みを感じることがあり、よく噛めないことがあります。インプラントなら、顎の骨に人工歯がしっかりと固定されるためにガタつくことがなく、硬いものや繊維性の物でも噛めます。

入れ歯のバネが気になって、人前で笑えない・・・

大きく口を開けたとき、入れ歯の種類によってはどうしてもバネが見えてしまう場合があります。入れ歯の外観的なコンプレックスが周囲とのコミュニケーションに影響を与えている場合には、インプラントがおすすめです。インプラント治療は天然の歯のようなナチュラルな美しさを取り戻すことができ、発音の障害もありません。いつものあなたらしい笑顔で、楽しい毎日が過ごせます。

入れ歯の取り外しがわずらわしい・・・

ケアの際に毎回取り外して洗浄する必要がある入れ歯に比べ、インプラントは固定式ですので取り外す必要がなくお手入れ方法も簡単です。本物の歯をケアするように普通に歯みがきをするだけなので、友達との旅行なども気兼ねなく楽しめます。

  • ページの先頭へ戻る