• HOME
  •  > 
  • 治療法と流れ

治療前の診断の重要性

安全で確実なインプラント治療を行うために、一番大切なのは「診断」です。佐藤歯科医院ではまず、治療に入る前に十分な時間をかけて

  • 歯列と顎堤の状態
  • 上下顎の咬合(こうごう)状態、顎間関係、近遠心
  • 顎の骨の状態とその周囲の神経や孔の位置確認
  • 体と精神状態の把握
  • 既往歴および状態の把握

などを診査します。このように、お口の中だけでなく体全体のコンディションをしっかりと確認することで、インプラント治療をよりスムーズに、的確に行うための診断に活かします。

サージカルステントを用いた入念な診断

1.顎模型の作製~印記

顎模型の作製~印記

作製した顎模型に噛み合わせのベストポジションをペンでマークします。

2.サージカルステントの作製

サージカルステントの作製

印記された顎模型にガイドピンを立て、サージカルステント(手術用ガイド)を作製します。

3.CT撮影

レントゲンによる断層撮影

サージカルステント(手術用ガイド)を装着した状態でCT撮影を行います。CT画像に基づいて診断することで、より安全で確実なインプラント埋入手術が可能になります。症例により、外部機関にCT撮影を依頼するケースもあります。

4.サージカルステントの完了

サージカルステントの完了

ガイドに従って、正確なインプラント埋入手術を行います。

  • ページの先頭へ戻る

インプラント治療の流れ

インプラント治療は患者さんのお口や身体の状態によって手術回数や治療にかかる期間、埋め込むインプラントの種類などが異なります。

1次手術

1次手術

インプラントを入れたら、しっかりと固定して歯肉を閉じます。手術時間は、30分から1時間程度です。

治癒期間
歯肉が治癒するのを待ちます。個人差がありますが、目安は上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月です。数ヶ月で骨とインプラントが結合します。

2次手術

2次手術

インプラント体と顎の骨が結合したら人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯肉から露出させます。手術時間は、15~30分程度です。

治癒期間
歯肉の形が整うのを待ちます。個人差がありますが、2~4週間程度です。

連結部(アバットメント)の作製とリハビリテーション用仮義歯

連結部(アバットメント)の作製とリハビリテーション

お口の中の型を採り、患者さんに合った仮歯を作製して噛み合わせを調整します。そして、時間をかけて、きれいな人工歯を作製します(1~2週間)。

上部構造(インプラント体の上に被せる人工歯)の装着

上部構造(インプラント体の上に被せる人工歯)の装着

天然の歯と見分けがつかないほど美しい人工歯をインプラントに装着して治療は完了です。快適にお使いいただくため、お手入れの仕方などのレクチャーも行っていますので、定期的にご来院ください。

  • ページの先頭へ戻る