• HOME
  •  > 
  • インプラント治療とは

インプラント治療について知っておきましょう

「インプラントって、どんな治療法なんだろう?」「費用は?」「痛みは?」

インプラント治療が注目される今、このような疑問は数多く寄せられています。歯を失ったとき、患者さんご自身が最善の方法を選択できるよう、今のうちにインプラントに関する正しい知識を身に付けておきましょう。

インプラント治療とは?

歯を失った部分の顎の骨にチタン合金でできた人工歯根(インプラント)を埋め込み、しっかりと固定されたのが確認できた後に丈夫な人工歯を装着することで、失われた歯の機能と審美性を取り戻す方法がインプラント治療です。

天然歯のような美しさだけでなく、従来の入れ歯やブリッジといった補綴治療では満足が難しかった「おいしく食べる」「会話を楽しむ」という機能もベストな状態に回復できます。他の歯への将来的な影響や機能性・審美性・耐久性をトータルで考えると、インプラントによる補綴治療がベストだと考えられます。

体にやさしく、しっかり噛めるのはチタンのおかげ

体にやさしく、しっかり噛めるのはチタンのおかげ

長年の臨床研究により、生体親和性が高いチタンはインプラントの素材としてもっとも安全で、顎の骨としっかり結合することが確認されています。結合組織を介することなくチタンと骨が直接結合する「オステオインテグレーション」という方式が、インプラント治療の概念となっています。

さらに進行したチタン合金

インプラント体表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーディングしたインプラントは骨伝導能が高く、骨を再生してくれるインプラントです。
よって骨の状態が悪い場合でもインプラント治療が可能になりました。

メンテナンス次第で長期間使用可能

毎日のお手入れは患者さんご自身の歯をケアするように歯みがきをするだけなので簡単。メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって使用可能です。

「抜けたままの歯」はリスクがたくさん!

本来、歯を1本失っただけでも違和感があるもの。しかし、失った場所によっては時間が経つとともに慣れてきて、「このままでもいいかな?」と放置する方もなかにはいらっしゃいます。特に放置されやすいのが奥歯。前歯を失うと見た目が気になって、すぐに治療を希望される方が多いのですが、奥歯は外から目立たないためそのままにしてしまうケースがあるのです。

しかし、歯が抜けたままの状態を放っておくとさまざまな悪影響が起こります。歯を失うことは審美的なデメリット以外にもさまざまな問題があるということを確認しておきましょう。

失った歯をそのままにするとどうなるの?

1.隣に生えていた歯が抜けた箇所の方向に傾いていきます

2.欠損部の上下に対合する歯が、噛み合わせる相手を失ったために伸び出てきます。これにより噛み合わせが乱れ、顎の運動に支障が出ます

3.歯列や噛み合わせが悪くなるため、虫歯や歯周病が悪化する原因となります

4.噛み合わせの変化によりバランスが崩れ、顎関節症や肩こりの原因になることがあります

このように、失った歯をそのままにしておくとリスクは数多くあります。前歯でも奥歯でも、歯が抜けたら必ず補う治療を受けましょう。

  • ページの先頭へ戻る

佐藤歯科医院で採用 アストラテックインプラントシステムとスプラインインプラントシステム

佐藤歯科医院のインプラント治療では、アストラテックインプラントシステムとスプラインHAインプラントシステムを採用しています。アストラテックインプラントシステムは最新の科学的根拠に基づいた先進のコンポーネントです。

アストラテックインプラントシステムとは?

スウェーデンを中心とした世界各国に拠点を持つアストラグループでは、医学・歯学分野での長い伝統を誇り、医療に従事する世界中の専門家に向けた製品開発と研究を行っています。そんなアストラテック社の厳格な管理のもと、純チタンを使って製造されているのがアストラテックインプラントシステムです。

定着率が高く、快適に噛める安心のインプラント

世界数十種類ものインプラントシステムが生体組織に関する臨床実験を行ったなかでも、アストラテック社のアストラテックインプラントシステムは過去5~10年のインプラント定着率が上顎で98.3%、下顎で99.6%という高い数値で、安定した成績を残しています。

スプライン(HA)インプラントシステムとは?

アメリカのZimmer Dental社製のインプラントシステムです。インプラント表面に、人間の骨を構成している成分と同様の物質「HA(ハイドロキシアパタイト)」がコーティングされており、顎の骨と化学的に結合(バイオインテグレーション)します。そのため、柔らかい骨など条件の悪い顎の骨とも結合可能。顎の骨の脆い人が多いとされている日本人でも安心して適用できます。

患者さんの負担を軽減するインプラント

条件の悪い顎の骨の場合、インプラント手術前に顎の骨の状態を正常へと導く手術を行う必要があり、その分の治療費や治療期間などがかかってしまっていました。しかし、スプライン(HA)インプラントシステムでは事前手術を必要としないため費用も時間もかからず、そのうえ術後の腫れや痛みを抑え短時間で治療できます。なお、一定の条件がそろえば、抜歯即時インプラント(※)も可能になります。
※抜歯後すぐにインプラント埋入を行う術式。

  • ページの先頭へ戻る