• HOME
  •  > 
  • どれくらい持つの?

インプラントはどれくらい持つの?

最新のデータによると、10年前に入れたインプラントのうち90%以上がまったく問題なく機能しているとされ、当医院が推奨するアストラテックインプラントシステムにおいては、10年間何も問題がなかったケースの9割が、さらに20年後も順調に機能しています。

インプラント自体は虫歯にはなりませんが、何もせずに放置しているとインプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になってしまうことがあります。インプラントを長持ちさせるためには、定期検診とメンテナンスをしっかり行うことが重要です。

歯周病にそっくりな「インプラント周囲炎」

インプラントを埋入した部分に歯周病と同じような症状が現れるのが、インプラント周囲炎です。歯みがきできちんと汚れを落とさないと、歯周病菌が歯肉とインプラントの境目から内部へと侵入し、インプラント周りの歯肉が腫れ、重症化するとインプラントを支えている顎の骨を吸収し、最終的にインプラントが抜け落ちてしまいます。

人工のインプラント体には神経が通っていません。そのため、初期の段階では自覚症状に乏しく、気付いたときにはかなり悪化しているケースが多いので注意が必要です。

インプラントのメンテナンスと定期検診

インプラントの維持だけでなく、残された歯の健康を守るためにも、治療後の定期検診で予防処置を受けることが重要です。

噛み合わせと口腔内の状態のチェック

噛み合わせと口腔内の状態のチェック

インプラント治療後、噛み合わせが変わったのをそのまま放置すると、インプラントに大きな負担がかかります。やがては補綴物を破折させたり、顎の骨に結合しているインプラントにさえも影響を及ぼすほど大きな力が加わったりする恐れも。定期的にレントゲンによる診査を行い、噛み合わせや口腔内の状態をチェックしましょう。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

固定式のインプラントのケア方法は、歯ブラシと歯みがき粉を使ったブラッシングが基本です。しかし、インプラントと歯肉の境目には汚れがたまりやすく、歯周ポケットもできやすいため、正しいブラッシング方法を身に付ける必要があります。当医院では、患者さん一人ひとりの口腔内環境に合わせたブラッシング指導を行い、インプラントと歯肉の境目をしっかりブラッシングする方法やデンタルフロスや歯間ブラシなどの使用方法をレクチャーしています。

PMTC

PMTC

PMTCは、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具やフッ素入り歯みがき粉を使って、歯の表面や歯周ポケット内部にあるプラークや歯石などを徹底的に除去する処置。当医院では、インプラントの患者さんに適したPMTCで口腔内環境を清潔に保つお手伝いをしています。

また当医院では、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になってしまった際、顕微鏡を使った歯周内科治療や、GTR法による歯周再生治療にも対応しています。
>>歯周病についてくわしくはこちら

  • ページの先頭へ戻る