• HOME
  •  > 
  • 歯周病について

歯周病はどんな病気なのでしょう?

「歯周病」というお口の病気をご存じですか? 日本人の成人の80%がかかっている、もしくはその予備軍といわれる歯周病は、まず歯肉が炎症を起こし、次第に口臭や化膿などの症状が現れ、歯を支える顎の骨が溶け最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。初期段階では痛みがなく、患者さんご自身ではなかなか気付くのが難しいという点が、歯周病のおそろしいところ。お口や歯肉に違和感や異常を少しでも覚えたら、早めに治療を受けることが大切です。

歯周病はお口の問題だけではありません

歯周病は、体の免疫力や抵抗力とも大きく関与しています。糖尿病などの全身疾患、遺伝的要因、ホルモン変化の他、喫煙習慣などの嗜好や生活習慣が複雑に影響することで発症・進行することから、歯周病は生活習慣病としても認知されています。また、歯周病は心臓病や肺炎、低体重児出産など全身の病気にも影響するといわれています。歯周病を予防・改善していくためには、口腔内を清潔に維持することはもちろん、全身の健康状態を整えるようライフスタイルを見直すことが重要です。

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)の中に存在する細菌です。最初ネバネバしているプラーク(歯垢)は、次第に堅くなり歯石となります。こうなるとセルフケアでは簡単に取り除くことができません。歯みがき方法が間違っていたり、歯科医院に通う習慣がなかったりするとプラークや歯石がたまって歯周病を招いてしまうのです。そのまま放置しているとやがて歯が抜け、入れ歯やインプラントなどの補綴治療が必要となります。

歯周病のチェック

以下の項目に当てはまる場合、歯周病の可能性があります。

  • 1.歯みがきのとき、歯肉から血が出ることがある
  • 2.リンゴなど硬いものを食べたときに歯肉から血が出る
  • 3.朝起きると、口の中がネバネバした感じがする
  • 4.口臭を周りの人から指摘されたことがある
  • 5.歯肉が赤く腫れたり、痛んだりすることがある
  • 6.冷たいものを飲むと、虫歯はなさそうなのに歯がしみることがある
  • 7.鏡で歯をみると、以前よりも歯が長くなったように感じる
  • 8.歯と歯の間に、よく食べかすがつまる
  • 9.歯がぐらぐらと動く
  • 10.歯ぐきが腫れてブヨブヨしたり、膿が出たりすることがある

歯周内科治療

当医院では、薬を使った「歯周内科治療」にも対応し、喫煙者を除くほとんどの患者さんにその効果が実証されています。

顕微鏡で菌の性質と状態を調べます。

状態が悪い場合、マクロライド系抗生物質を服用することで歯周病関連菌の除菌を行い、真菌が多い場合は真菌に有効な歯みがき剤(ペリオバスター)を使用していただきます。

除菌後の結果は必ず顕微鏡にて再度検査し、きちんと除菌されているかどうかを確認します。

  • ページの先頭へ戻る

歯周再生治療について

歯周病治療の最終目的は、病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。しかし、従来の歯周病治療では歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止めるだけで、溶けてしまった顎の骨などを本来の状態に戻すのはほぼ不可能でした。

そこで長い研究の末、歯周病によって破壊された歯肉や顎の骨などの歯周組織を再生させる治療法です。約5割~7割程度にまで再生させることが可能です。

GTR法

歯の周りに必要な組織を再生させ、できるかぎり元の状態に戻すという再生法です。従来の歯周外科の手術とほぼ同様の処置が必要になりますが、GTR法には重要な違いがあります。それは、プラークや歯石を手術により除去した後、「メンブレン」という膜を歯肉の下に置くこと。メンブレンを一定期間歯肉の下に置くことで、新しく組織を再生させます。

GTR法の注意点

GTR法が可能かどうかは、患者さんの歯と歯周病の程度によって異なるため、まず入念に検査を行います。歯列全体の健康など、さまざまな要因を考えたうえでこの治療法が最適と診断された場合にのみ行います。

治療後、担当医からアドバイスがありますので、ご留意ください。メンブレンが患部に置かれている間、どのように患部を清潔に保つのか、また新しい組織が再生した後も注意が必要となるためです。

  • ページの先頭へ戻る