• HOME
  •  > 
  • メインテナンスの重要性

インプラントは治療後が大切です

インプラントは治療後が大切です

車に車検があるように、インプラントも定期的な検査が必要です。特に、インプラントを入れた後は周囲の状態に変化が見られます。その変化に合わせて調整をしていかなければいけません。たとえば、奥歯が無くインプラント治療を奥歯に行った場合、しっかり咬めるようになることにより咬み合わせが明らかに変わってきます。一度入れた上部構造が一生使って行くものではありません。もちろんインプラント周囲の歯肉が健康であるかチェックすることも大切です。

メインテナンスの適切な時期

メインテナンスの適切な時期

メインテナンスの時期は患者さんの顎の骨量や、歯ぎしりなどのクセの有無、年齢、ご自身でのケアの精度などによって異なります。平均としては3ヶ月~半年に1回ですが、メインテナンスが行き届いている方や歯ぎしりなどのクセがない方は年に1回でも十分なケースがあります。

佐藤歯科医院では、インプラント治療後に最低でも年に1回のメンテナンス受けていただく事が10年保証の条件となります。 トの調整をしっかりと行っております。歯ぎしりがひどく咬み合わせが乱れやすい方でも、インプラント本体が折れやすい方でも、安心できる体制を整えています。 また、当院指定のメインテナンスを受けて頂いている方は上部構造の緩みやアバットメントの不適合が見つかった場合、無償にて対応させていただきます。

メインテナンスの適切な時期

インプラン ト治療は上部構造を入れたら終わりではありません。常に変する口腔内状況に合わせて適切な方法でメンテナンスが大切です。治療して終わりではなく、治療後も当院があなたのインプラントをしっかり見守っていきますので、ご安心くださ い。

  • ページの先頭へ戻る