• HOME
  •  > 
  • こんな方にはインプラントをお勧めしません

インプラントは誰にでもベストな治療ではないのです

メンテナンスができない方

インプラント治療では、メインテナンスは必ず必要となります。よって当院ではインプラント治療のみをご要望頂いてもお断りする場合があります。引っ越し等によって当院でメインテナンスを受けられなくなる場合は、引っ越し先での専門医をこちらからご紹介させて頂いております。

身体的に向いていない方

最も大切な事は、インプラント植立部位に顎の骨がしっかりしている事。顎の骨が少なくても骨造成術などを行い骨量を増やすことが可能ですが、増やせる量にも限界があります。また、骨量が少ない場合に使うショートインプラントも有効ですが、垂直的に最低でも7mmの骨は必要です。
また骨粗鬆症など全身疾患をお持ちの方には向いている治療とはいえません。
特に重度の糖尿病及び甲状腺機能障害の方はインプラント治療を控えるべきです。
骨粗鬆症の治療でビスホスホネート製剤を服用されている方は、服用を3ヵ月以上中断してください。

また、更年期障害でホルモンバランスがくずれて、骨吸収が早い方、夜型生活で日光をほとんど浴びない方なども、インプラント治療には不向きかと思われます。

歯周病を直す前にインプラントを入れたい方

歯周病を直す前にインプラントを入れたい方

インプラントを入れる前に歯周病の治療を行う必要があります。特に重度の歯周病の場合はインプラント本体への感染リスクが高いため、インプラント治療を行う前に感染リスクを軽減させるために歯周病治療を必ず行って下さい。

過剰な期待を抱く方

過剰な期待を抱く方

インプラント治療を行えば、自分の歯とまったく同じように咬めるようになると過度に期待する方がいらっしゃいます。しかし、どんなに歯科医療が進化してインプラントの質が高まっても、本物の歯とまったく同じにはなりません。

佐藤歯科医院では、インプラントのメリットだけでなく、デメリットやリスクもしっかりお伝えしています。メンテナンスの重要性についてもきちんとご理解いただくことを前提として、インプラント治療を行います。ご理解いただくのが難しい方には、入れ歯などほかの治療をお勧めしています。飛行機でも100%安全とは言えないように、医療にも100%はありません。

  • ページの先頭へ戻る